http://www.kansaidanchi.com/

年表

昭和46年 3月 関西団地少年野球大会準備委員会を発足し、事務局をデイリースポーツ大阪本社事業部内に設置する。
  6月 関西団地少年野球大会準備委員会組織に改革し、大会運営に当たる。
  8月 第一回関西団地少年野球選手権大会を開催する。
昭和47年 3月 大阪市内支部を設ける。
昭和48年 3月 中学部を設立する。
昭和49年 3月 運営委員会を連盟組織に改革し、関西団地軟式少年野球連盟とする。東大阪支部、奈良支部を北大阪支部に統合し、北・東大阪・奈良支部とする。
兵庫支部を設ける。
昭和50年 3月

北・東大阪・奈良支部を分割し、北大阪支部、東大阪・奈良とする。大阪支部を廃止し、北大阪、東大阪・奈良支部に編入する。

  8月 第10回記念大会をトーナメント大会にて実施する。
昭和52年 3月 南大阪支部から泉北地区を分離し、泉北支部を設ける。
昭和53年 3月 南大阪支部、泉北支部を統合し南大阪・泉北支部とする。
  8月 東西団地少年野球親善大会を、関東団地少年野球連盟と共催で東京・明大グランドにて開催する。
昭和54年 8月 関西団地軟式少年野球連盟、関東団地少年野球連盟、東海団地少年野球連盟の団体組織として、全日本団地少年野球連盟を創立し、第 1回全日本団地少年野球選手権大会を開催する。
昭和57年 3月 南大阪・泉北支部から泉北地区、泉南地区を分離し、泉北支部、泉南支部を設ける。
昭和61年 3月 中学部を廃止する。
平成元年 2月 連盟傘下チーム指導者向けに、第1回指導者研修会を開催
平成 2年 5月 第40回記念大会をトーナメント大会にて開催する。
平成 4年 8月 第1回ジュニア選手権大会を開催する。
平成 5年 3月 全日本団地少年野球連盟を、関東団地少年野球連盟脱退のため解散する。
  6月 日本団地少年野球連盟を、関西団地軟式少年野球連盟と東海団地少年野球連盟にて創設する。
  8月 日本団地少年野球連盟主催で、東西対抗団地少年野球選手権大会を開催する。
平成 6年 3月 泉南支部を廃止する。
  8月 東西対抗団地少年野球選手権大会を改称し、第1回日本団地少年野球選手権大会を開催する。
第1回近鉄バファローズ少年野球教室に参加する。
平成 7年 5月 第50回記念大会をトーナメント大会にて開催する。
  11月 阪神タイガース創立60周年記念、団地少年野球甲子園フェスティバルを甲子園球場で行う。
平成 9年 2月 指導者研修会の開催を一時休会する。
  4月 大阪ドーム開場に伴い、近鉄バファローズ主催ゲームの観戦及び始球式の体験参加の招待を受ける。(1試合30名、シ ーズン7回)
平成10年 5月 ジュニア選手権大会予選を、ブロック制のリーグ戦とする。
  11月 第1回近鉄バファローズ主催の指導者研修会に参加する。
平成11年 9月 第1回阪神タイガース主催の指導者研修会に参加する。
平成12年 4月 連盟創立30周年記念行事として支部対抗戦を万博球場で開催する。
  5月 第60回大会の開会式を大阪ドームで開催する。記念大会をトーナメント大会にて開催する。
    連盟創立30周年記念式典をリッツカールトンホテルで開催。
平成13年 4月 第二回支部対抗戦を万博野球場で開催。
平成14年 7月 第66回大会。阪神タイガース星野監督より優勝杯寄贈。
平成15年 7月 第68回大会。阪神タイガース星野監督より優勝杯寄贈。
  12月 マスターズリーグ野球教室、始球式実施。
平成17年 5月

第70回記念大会。傘下全チームによるトーナメント実施。

平成17年
より

夏季大会の開会式に、オリックス・バファローズ公式戦を観戦。
オリックス・バファローズカップ開催に伴い運営協力を行なう。 オリックス・バファローズ野球教室を各支部で開催。

平成19年

平成22年
平成24年
12月

 4月
 3月
プロ野球12球団ジュニアトーナメント、オリックス・バファローズjrチームに連盟から森山副理事長を派遣。
連盟創立40周年記念行事を行う。ANAホテル大阪
連盟組織を改定。「会長・副会長」ポストを廃止
 




オリックス・バファローズ


東海団地少年野球連盟


内外ゴム


財団法人住宅管理協会

アクセス数

累計:
本日:
昨日: