http://www.kansaidanchi.com/

関西団地軟式少年野球連盟とは

◇ 連盟の歴史

  昭和45年(1970年)に、「団地と言う人工的に作られた、地域文化・住民の融合の少ない新しい街の子供達に、野球を通じて「自分たちの故郷を創ろう」を合言葉に保護者の参加を呼びかけ地域づくりを始めた。

現名誉会長 岡本茂氏が発起人の一人となって、氏の住む千里ニュータウン青山台で「青山台クラブ」という少年野球チームを核に18チームで「関西団地少年野球大会 運営委員会」を設立。 

昭和46年(1971年)3月、事務局をデイリースポーツ本社に設置。

以降、大阪市内の団地少年野球チームなどへ参加を呼びかけ、昭和49年(1974年)3月に、「関西団地軟式少年野球連盟」を設立し現在に至る。 

連盟登録チームの増加に伴い支部の再編を行いつつ、昭和62年(1987年)には学童部6支部(北大阪支部、東大阪・奈良支部、泉北支部、南大阪支部、兵庫支部、泉南支部)に中学部と合わせて146チームの最大規模となる。

平成20年(2008年)の連盟登録チームは、北大阪支部10、東大阪7、南大阪12、泉北支部14、兵庫支部9の合計52チームで運営。 

 





オリックス・バファローズ


東海団地少年野球連盟


内外ゴム


財団法人住宅管理協会

アクセス数

累計:
本日:
昨日: